ソフトテニス ストローク 安定 コツ

ソフトテニス サイドストロークの打ち方のコツとは

ソフトテニス,ストローク,フォーム,安定,コツ

 

サイドストロークは、試合の中で一番多く使用すると思います。サイドストロークとは、インパクト時にラケットを横の面にして、腰の高さで打つショットですね。

 

 

基本的なグランドストロークの打ち方だと言えます。スイングをする時に体重移動と上半身のひねり戻しによって身体の回転を生み出しラケットヘッドを遅らせるようにしてスイングでボールにパワーを与えて打ちます。

 

 

体の回転を生かして振り切ってみましょう。

 

 

脇が空きすぎにならないようにしましょう。身体の回転力が少なく、上手くスイングができなくなるためです。

 

 

インパクトの時にラケットの面が上を向かないようにしましょう。ボールにスライス回転がかかってしまい、球が上に飛んでいきやすいからです。ラケットがボールに真っすぐ当たるようにしましょう。

 

 

再度ストローク(フォアハンド)(利き手)は、どのような場面で使うといいのでしょうか?
  • ボールがフォア側に来た時
  • フォア側に回り込める時
  • 腰回りでラケットが横面になり、ボールを打つ事が出来る時