ソフトテニス 前衛 ポジション 動き方

ソフトテニスの前衛がやってはいけないレシーブ

ソフトテニスボール

 

ソフトテニスの前衛は、レシーブをした後、速くネットに詰める事が大切になってきます。

 

 

体が傾くような大きな動き方をすれば、動作を遅らせてしまう原因になるので注意が必要です。

 

 

前衛は、基本、逆クロスのポジションでレシーブしますよね。後衛よりもかなり勝負点につながる場面でレシーブが回ってくると思います。

 

 

ですから、前衛は、ミスをすることなくしっかりとレシーブする事を心がけましょう。

 

 

レシーブを構える姿勢は、ファースレシーブの場合は、ベースライン付近で、セカンドレシーブなら少し腰を落として、サービスラインの後ろ位に構えるといいでしょう。

 

 

脇をしっかりとしめて、大きく振らずネットに近い位置でスイングしましょう。

 

 

スイングした後、直ぐにネット前に動くので、一歩踏み出しておくとスムーズに前進することが出来るでしょう。