ソフトテニスの基本的なグリップの握り方を知ろう

テニス前衛

 

 

ラケットをしっかり操作して思い通りの所へボールを行くためには、正しいラケットの握り方をマスターしなければなりません。そのためには、ラケットとボールについて知っておくべきことがあります。

 

 

ソフトテニスでラケットの重さに制限がないって知ってた?

 

 

試合で使用できるラケットとボールもルールで決められているんです。と言っても、お店で売っているラケットやボールは、ルールにのっとって試合に使用できるものが売っているんです。

 

 

ラケットは、長さと面の大きさには、制限があります。ですが、短さと重量には、実は、制限がないのです。どういうことかというと、どんなに短いラケットを使ってもいいよ。どんなに重たいラケットを使ってもいいよ。という事です。

 

 

まあ、そんな人は、いないと思いますが。ですから、制限がないんですね。

 

 

そして、ボールにも制限があります。ボールに関しては、重さが56g〜59.4gの範囲内という決まりです。大体卵一個分の重さですね。

 

 

ソフトテニスのルールをしっかり覚えよう

 

 

  • 「2バウンドまでにボールを打つ」
  • 「決められた範囲内にボールを返す」

 

この2つは、誰でも知っているルールです。ですが、実際には、とてもたくさんのルールがあります。試合前にしっかりルールを覚えておくことがとても大切です。ルールに強くならなければ、ソフトテニスの試合でも強くなれないと思っておいてください。

ルールと基本記事一覧

ソフトテニスのルールとサーブの順番

ソフトテニスでのグリップやレシーブの姿勢、身体の動かし方など、ショットを打つ前の大事な基礎動作、基礎知識をまず、身に着ける事から始めましょう。試合の流れ試合の前に並んで挨拶をします試合前に両方のペアがサービスラインの外側中央に立って、ネット側に向き、整列します。審判の「集合」という合図で、ネット前に立ち、挨拶をします。どちらがサービスかレシーブかを決めます両ペアーのうち一人がじゃんけんをします。負...

Read More
ソフトテニスの後衛がするべき動き方を徹底研究

後衛は、相手と駆け引きをして勝つ配球をしましょう。相手コートにスキを作るための配球を後衛は、自分のペアーである前衛にチャンスボールが上がるように配球する事が一番大切な役割です。相手のポジション陣形を崩していき、チャンスボールを打たせるには、相手のコートにスキを作る事が得点に結びつく方法です。ですから後衛は、そのための配球を考えて、相手の前衛に打ったボールを取られないようにラリーを続けていくようにし...

Read More
ソフトテニスの基本的なグリップの握り方を知ろう

ソフトテニス初心者の方には、ラケットの握り方について徹底解説をしたいと思います。テニスプレーヤーの運命は、グリップによって決まってくると言っても過言ではありません。まず、グリップというのは、8つのグリップ面で形成されています。4種類のグリップソフトテニスのグリップの握り方には、4つの握り方があります。それぞれの特徴の違いを比べましょう。どの場面にどのグリップハンドがいいのでしょうか?イースタングリ...

Read More
最速サーブの打ち方とコツ

ソフトテニスでサーブを打つ時の足の位置(スタンス)は、大切です。正しい足位置に立たないと正しいフォームで打つことはできません。サーブの準備スタンスの取り方ボールを打つ方向と、両足のつま先を結んだ方向が一致していることが基本です。足幅は、肩幅くらいにして下さい。自分が打ちたいコースの狙いを定めましょう。ボールは、手のひらに乗せ、卵を持つようにやさしく握ると、トスが真っすぐ上がりやすいです。五本の指を...

Read More
ページの先頭へ戻る