ソフトテニス グリップ 握り方

ソフトテニスの基本的なグリップの握り方が運命を変える

テニス グリップ

 

ソフトテニス初心者の方には、ラケットの握り方について徹底解説をしたいと思います。テニスプレーヤーの運命は、グリップによって決まってくると言っても過言ではありません。

 

 

まず、グリップというのは、8つのグリップ面で形成されています。

 

 

4種類のグリップ

ソフトテニスのグリップの握り方には、4つの握り方があります。それぞれの特徴の違いを比べましょう。どの場面にどのグリップハンドがいいのでしょうか?

 

イースタングリップ

最もよく使われるグリップの握り方です。 ラケットのグリップ部分を握った時に、ラケット面と地面が垂直になる握り方のこと。ソフトテニス初心者の方にお勧めです短いボールやバウンドの低いボールにラケット面を出しやすいです。

 

コンチネンタルグリップ

包丁を握るみたいにラケットを握った時、ラケット面と地面が平行になる握り方のこと。人差し指と中指の間隔をあけた感じです。グリップを薄く握る感じです。グリップを硬く握ってしますと、スイングが小さくなったりぎくしゃくなったりするので気を付けましょう。親指と人差し指は、力を入れないようにして下さい。

 

ウエスタングリップ

利き手の手のひらをガットの部分に置き、グリップの方へ移動させてグリップを握る。。コントロールしやすいい握り方です。ラケット面を正しくつくれて安定したボールが打てる。高い打点で攻撃的なボールが打ちやすい。

 

セミウエスタングリップ

ウエスタンフリップとイースタンフリップの中間を握るに握り方のこと。ラケットの側面をやや下に向けています。低い打点でボールに回転をかけやすく、引っ張りのコースを打ちやすい。