サーブ 打ち方 コツ

最速サーブを打ちたいソフトテニス初心者の打ち方上達法

テニスサーブ

 

ソフトテニスでサーブを打つ時の足の位置(スタンス)は、大切です。正しい足位置に立たないと正しいフォームで打つことはできません。

 

サーブの準備

テニス スタンス

スタンスの取り方

ボールを打つ方向と、両足のつま先を結んだ方向が一致していることが基本です。足幅は、肩幅くらいにして下さい。自分が打ちたいコースの狙いを定めましょう。ボールは、手のひらに乗せ、卵を持つようにやさしく握ると、トスが真っすぐ上がりやすいです。五本の指をぎゅっと力いっぱいで握るとトスが真っすぐ上がりずらくなります。

 

ルーティーンの取り方

サーブは、いろいろなショットの中で、唯一自分のタイミングで打てるショットですよね。自分なりのルーティーンは、とても大事になってきます。サーブの構えをしてからトス回しに入るまでに自分なりのルーティーンを作るといいです。

 

 

トスの上げ方

サービスの時のトスは、とても大切です。サーブが安定しないと嘆いている人は、正しい位置にトスが出来ていない事が多いです。トスを上げるときは、ひじだけや手首を使ってあげるのではなく、腕全体を使って真っすぐあげましょう。

 

ミスなくオーバーヘッドサービスを打つためには、インパクト地点へトスを真っすぐに上げることがポイントです。トスがズレると、打つ時に打点が低くなったり体が傾いたりして、ネットになったり、ラインを越えて、アウトになったりするので要注意です。

 

 

サーブの種類

 

 

フラットサービス

 

フラットサービスとは
ラケットをウエスタングリップで握り、ボールに対して、ラケット面を真っすぐフラットに当てて打つサーブのことです。ソフトテニス初心者は、フラットサービスから練習するといいかもしれません。

 

@両足に体重を乗せ、ラケットを右肩に担ぐ様にして、膝を曲げてためを作る。

Aためた両膝の力を上へ移動させるイメージで曲げていた膝を伸ばす。

Bボールに対して、ラケット面を真っすぐに当てて打つ。

Cラケットを振り下ろし、顔を真っすぐにして、両目が水平になる事で、安定したサーブが打てる。

 

 

コツ
フラットサービスは、ボールに対して、ラケット面が真っすぐに当たる分、ボールを長く押し出すことが出来るのでパワフルでスピーディーなサービスになる。フォロースルーで振り下ろすが、押し出すという事を意識して打つといいでしょう。

 

 

どんな場面でフラットサービスを使えばいいのでしょうか?
・威力のあるサーブを打ちたいとき。
・速い確実にコントロールしたサーブをー入れたいとき。

 

 

スライスサービス

 

スライスサービスとは
インパクト時にボールの右斜め上をラケット面をこすって回転を与えるサーブです。フラットサービスほどの威力はないですがコートに入る確率は、フラットサービスよりもスライスサービスの方が高いのでぜひ、習得しましょう。

 

 

@両足に体重を乗せ、ラケットを右肩に担ぐ様にして、膝を曲げてためを作る。サーブを打ちたいとき。


A両膝にためた力を上へ移動させるイメージで、曲げていたひざを伸ばす。

Bボールの右斜め上をラケット面でこするようにインパクトする。

Cラケットを振り下ろす。

 

 

コツ
セミイースタングリップまたは、イースタングリップでラケットを持った方が回転をかけやすいため、サーブ時は、ストロークを打つ際のウエスタングリップから変えるといいでしょう。

 

 

どんな場面でスライスサービスを使えばいいのでしょうか?
・レシーブする相手を動かしたいとき。
・確実にサーブを入れたいとき。
・コースを狙いたいとき。

 

 

リバースサービス

 

リバースサービスとは
インパクト時にボールの左斜め上をラケット面でこすり、回転を与えるのがリバースサービスです。ストロークと同じウエスタングリップで握ると打ちやすいです。リバースサービスは、スライスサービスとは逆の回転がかかり、相手が、右利きならボールは、バック側にいきます。そのため、試合で、不意に使うと相手を惑わせて、ミスを誘う事ができるでしょう。相手のふいをつくサーブを打てるように頑張りましょう。

 

@両足に体重を乗せ、ラケットを右肩に担ぐ様にして、膝を曲げてためを作る。

A両膝にためた力を上へ移動させるイメージで、曲げていたひざを伸ばす。

Bボールの右斜め上をラケット面でこするようにインパクトする。

Cインパクト面は、外側をむいたまま、ラケットを振り抜く。

 

コツ
ボールの左斜め上(スライスサービスとは、反対側)にラケット面を当てるので、外側に向けて、振り下ろすことを意識してみましょう。ウエスタングリップで、打てるため、ソフトテニス初心者でも身に着けやすいと思います。

 

 

どんな場面で、リバースサービスを使えばいいのでしょうか?
・相手のレシーブミスを誘いたいとき。
・サービスが単調になったとき。
・相手に甘いレシーブを打たせたいとき。

 

 

カットサービス

 

カットサービスとは
カットサービスは、相手コートでのバウンドが低くなったり左右にはずんだりするため、相手がラケットを高く構える攻撃を防いだり、相手の体勢を崩したりできます。トスをあげず体の少し前に落とし、ラケットを斜めにして、ボールの下側をこすって回転をかけます。セミイースタングリップやイースタングリップで握ると回転をかけやすくなります。

 

 

@上半身をひねって、ラケットを後方に引く。トスを上げずにひざ位の位置でボールをはなす。

Aひねった上半身を戻しながら、ラケットを振り下げる。

B斜めにしたラケット面をボールの下側に当て、ラケット面で転がすように、押し出すような感じでボールに当てる。

C思いっきり、ラケットを振り切る。

 

 

コツ
ボールに回転を加え、バウンドを変化させよう。アンダーカットサービス、サイドカットサービスショルダーカットサービスといろいろ種類がある。自分が打ちやすいカットサービスを身に着けよう。

 

 

どんな場面で、カットサービスを使えばいいのでしょうか?
・ファースト、または、セカンドサービスを打つとき。
・相手に攻撃的なレシーブをさせたくないとき。
・ネット前に詰める動きをしたいとき。