ソフトテニス 後衛 動き方

ソフトテニス ダブルスにおいての後衛がすべき戦術とは

ソフトテニス 後衛

 

後衛は、相手と駆け引きをして勝つ配球をしましょう。相手コートにスキを作るための配球を後衛は、自分のペアーである前衛にチャンスボールが上がるように配球する事が一番大切な役割です。

 

 

相手のポジション陣形を崩していき、チャンスボールを打たせるには、相手のコートにスキを作る事が得点に結びつく方法です。

 

 

ですから後衛は、そのための配球を考えて、相手の前衛に打ったボールを取られないようにラリーを続けていくようにしましょう。

 

 

そのためにまず、相手チームの後衛をコートの外へ出すことが有効です。

 

 

そこから、相手のスキをつき、相手コートのセンターを意識させておいて、サイドを攻撃していきます。このように自分の攻めたいコースを攻めるためまずは、その逆へとボールを打ってスキを作り最終的に攻撃打を打ちます。

 

 

後衛がするべき3つの役割とは

 

 

  1. 相手コートのスキを見つけ、スキがない時は、スキが出来るような球を打つ。
  2.  

  3. 1本で、スキが出来れば、どんどん打って、どんどんスキを作るようにする
  4.  

  5. 甘い球が来たら、思い切って、守りが甘く、空いている場所に攻撃打を打つ