ソフトテニスサーブのスピードを簡単に上げるコツ

tenisujyannpu

 

サーブのパワーアップは、ソフトテニスにおいて、最も進化したスキルですよね。そして、ラケットの進化が進み、ラケットの性能がよくなったおかげもあり、球の高速化が増していってます。

 

 

そして、身長が低い人より高い人の方が早いボールを打ちやすいことは、確かです。背の低い人がやらなければいけない事は、トップスピンの回転を与えてボールを落とすことです。

 

 

インパクト時のラケットの保持しているエネルギー量を単純に増やすようにしなければいけません。

 

 

背が高ければ高いほど有利になるのであれば、より高い位置からの打球が効果的といえるでしょう。

 

 

膝の屈伸により、地面をキックしてサーブすることにより、大きな力が加わると同時にボールの打つ位置が高くなるという事が言えます。

 

あなたがもし、160センチの身長だとして、10センチのジャンプでインパクトをしたならば、足が地面についたままインパクトする170センチの人と同じ打点で打つことが出来るという事です。

 

 

tekku

 

ソフトテニスのサーブをパワフルでスピードアップさせるコツは、

 

インパクトする時に両足とも地面から離すこと

サーブ

コツ記事一覧

dummy
ソフトテニスが上達しない人必見!初心者向けDVD教材を試してみた

ソフトテニスのレッスンDVD教材ってどうなんだろう?ソフトテニス初心者の私でも本当に上達するのかな〜?なんて、あなたも一度は、考えたことがありますよね。ソフトテニスの指導本は、本屋さんにいけば山ほどあります。ですが、動きが中々伝わってこない。そんな風に思いませんか?そうなると、やっぱりDVD教材がいいですよね。プロから学べるといった事も可能になります。トップ指導者が実現させた勝てる練習方法を学ぶ事...

Read More
ソフトテニス前衛が上手くなる方法はコレだった!

ダブルスでは、基本的に前衛と後衛で陣形を組んで戦います。陣形は、大きく分けると、雁行陣、ダブル前衛、ダブル後衛の三つの形があります。それぞれの特性や特典はの仕方が異なりますが、自分の特徴を生かせるポジションを選びましょう。1ラリーの中でも陣形を変えて戦うということも戦略もあります。ダブルス体制の基本形ソフトテニスのダブルスは、ペアーの2人で助け合いながら、ポイントを取れる陣形を作りましょう。雁行陣...

Read More
ソフトテニスでストロークのフォームが劇的に、安定するコツは?

ストロークとはラリーの中心になるのがグランドストロークですよね。相手の打ってきたボールをワンバウンドさせてから打ち返すことをいいます。待球姿勢からボールの元へ移動します。ストロークの基本@ひざをやや曲げて、ラケットは、おへそのあたりに構えて、レシーブの構えをします。Aラケットを後ろに引き、後ろ足に重心を乗せる。B軸足に乗っていた体重を前へ移動させながら、ラケットを振り出し始める。Cラケット面にボー...

Read More
dummy
ソフトテニス初心者が速いストロークでは、どうやって打つの?

ソフトテニス初心者にとって、威力のある速いストロークが試合の中でどれだけの影響力があるのでしょうか?速いストロークが打てるような練習は、ソフトテニスを上達させる近道なのかもしれません。速い球を打つためには、速くひねるという事が鉄則になります。体のひねりを使って打ち、世界トップ選手と同じような質を打ちたい!これは、決して不可能な事ではないのです。あなたのボールの質は、確実に上達するでしょう。打ちぬく...

Read More
【ソフトテニス】ファーストサーブとセカンドサーブの練習方法の違い

ソフトテニスの試合においてサーブを打つ時、「攻撃的に打った方がいいのか、コートの中に高確率で入るように打つのかを考えなくてはいけません。何も考えずにやみくもに打つというのも勝利を狙う上で少し違ってくると思います。ファーストサーブと盛戸サーブの確率について徹底解説ファーストサーブかセカンドサーブかについての考え方は、どのように打つかという事が変わってきます。ファーストサーブとは、1本目に打つサーブな...

Read More
ソフトテニス上級者がやっているスマッシュの打ち方を徹底解説!

スマッシュンの打点はどこ?ソフトテニスにおいて、スマッシュとは、高い打点からラケットを振り下ろしパワーのある速いボールを打ち込むことです。上から振り下ろし強打力抜群のショットで相手を攻撃します。ボールの落下地点まで速く動き、体より前で一番高い打点の所をラケットを素早く振り切ることが上手にスマッシュを打つコツです。打点が低くなると上から下へスイングができません。振り遅れるとボールは高く上がってしまい...

Read More
ソフトテニス初心者の後衛が安定したストロークを打つ三つのコツ

基本的なストロークの打ち合いは、ベースライン付近でします。ストロークは、相手のコートに深くボールを飛ばしていかなければならないのです。ボールを待つ姿勢は、ややひじを曲げ、体を真っすぐにします。ストロークの安定させるコツ(後衛)深いボールを打つので、大きめにテイクバックしましょう。右足に乗せた体重をスイングするタイミングと一緒に前へ移動させます。踏み込む足(左足)へ体重移動と共にスイングします。肩に...

Read More
ソフトテニスのボレーのコツを徹底的に調査してみた

ソフトテニスのボレーとはノーバンドで返って来たボールを相手に打ち返すのをボレーといいます。ボレーやスマッシュは、得点が取れやすいショットです。ダブルス戦での前衛は、怖くてボレーが空振りしてしますとよく相談を受けることが多いですが、ぜひ、コツをつかんで苦手意識を克服しましょう。正面ボレーの基本をマスターしようネット前で体の正面にボールがきた時に正面ボレーをつかしましょう!まず、基本的な正面で打つボレ...

Read More
ページの先頭へ戻る