ソフトテニス サーブ 練習方法

【ソフトテニス】ファーストサーブとセカンドサーブの練習方法の違い

ファーストサーブ

 

 

ソフトテニスの試合においてサーブを打つ時、「攻撃的に打った方がいいのか、コートの中に高確率で入るように打つのかを考えなくてはいけません。何も考えずにやみくもに打つというのも勝利を狙う上で少し違ってくると思います。

 

 

ファーストサーブと盛戸サーブの確率について徹底解説

 

 

ファーストサーブかセカンドサーブかについての考え方は、どのように打つかという事が変わってきます。ファーストサーブとは、1本目に打つサーブなので、まず、攻撃的に打っていけ、高い攻撃力のあるサーブを打つようにします。

 

 

しかし、そのファーストサーブを外してしまうとセカンドサーブ、つまり二本目のサーブを打つことになります。このセカンドサーブを外してしますと失点につながるため、セカンドサーブは、必ず、コートに入れるという事が前提になってきます。

 

 

よって、セカンドサーブは、高確率に入れることを最優先にして打たなければなりません。ですから、ファーストサーブ、セカンドサーブの練習方法も違ってくるという事になるのです。セカンドサービスでしっかり確実にコートに入れるサービスの練習もするようにしましょう。

 

 

そして、ファーストサービス、セカンドサービスを使い分けてこそ負けない試合に繋がっていくと思います。

 

 

ファーストサーブ
自分たちがリードしているときに失敗を恐れず、攻撃的な思い切ったコースへ角度をつけて打つ。

 

 

セカンドサーブ
リードされているとき、相手に攻められにくいセンターなどに確実にサーブを入れれるように打つ。

 

 

ソフトテニスサーブので緊張をほぐす方法を徹底解説

ファーストサーブ

 

一生懸命試合に取り組んでいると、緊張からは、逃れられませんよね。「自分は、今まで、サーブの時に緊張したことがない!」と言う人がいますが、実は、大なり小なり緊張は、していると思います。

 

 

緊張感とは、上手く向き合わなければなりません。この緊張感をなくすためには、自分自信の緊張感よりも対戦相手により一層大きなプレッシャーをかけるべきなのです。

 

 

このような緊張感を相手にもかけ続ければいいのです。日頃からの試合において、自分が相手から受けた緊張感などを忘れずに心にとどめておくなどしてみてはどうでしょうか。

 

 

緊張感とは、一見、自分は、心が弱い、悪い事のようなイメージですが実は、そんなことはないのです。プレッシャーや緊張感などは、真剣に物事を向き合っているしょうこなのです。

 

 

プレッシャーや緊張感をもつぐらいの方が自分の持っている力以上のものが出せたりするので、緊張感やプレッシャーに対するイメージをなくすことが大切だという事です。

 

 

テニスのトッププレーヤー錦織圭選手や大坂なおみ選手でも緊張をして、普段しないミスが起こったりもするのですから。緊張するのは、あなただけではありません。