ソフトテニス ストローク フォーム コツ

ソフトテニスのストロークフォームが安定する秘訣を教えて

ストローク

ストロークとは

 

ラリーの中心になるのがグランドストロークですよね。相手の打ってきたボールをワンバウンドさせてから打ち返すことをいいます。待球姿勢からボールの元へ移動します。

 

ストロークの基本

 

@ひざをやや曲げて、ラケットは、おへそのあたりに構えて、レシーブの構えをします。

 

Aラケットを後ろに引き、後ろ足に重心を乗せる。

 

B軸足に乗っていた体重を前へ移動させながら、ラケットを振り出し始める。

 

Cラケット面にボールを真っすぐに当てる。

 

D体の回転を使って、ボールを前へ運んでいくイメージで、ラケットを肩の上に振りぬく。

 

グラウンドストロークで安定させる秘訣を徹底調査

ストローク

基本的な打ち方を習得できたら、相手選手のボールをミスなく返球できるように練習うしましょう。深い位置にボールが来た時、左足を踏み込んで打つと、ラケットを振り切る余裕がなくなって、ミスにつながってしまします。

 

 

ひねりを戻す方法も注意が必要です。相手選手のボールは、もちろんの事、毎回、同じコース同じ高さ、同じ長さのボールが来るとは限りません。

 

 

どのようなボールが来るかとかでグランドストロークの体の使い方も変わってくると思います。その体の使い方を身に着けることがポイントに繋がってきます。