ソフトテニス,前衛,上手くなる方法

ソフトテニスダブルスのポジションの動き方を徹底解説

ソフトテニス 前衛

 

ダブルスでは、基本的に前衛と後衛で陣形を組んで戦います。陣形は、大きく分けると、雁行陣、ダブル前衛、ダブル後衛の三つの形があります。

 

 

それぞれの特性や特典はの仕方が異なりますが、自分の特徴を生かせるポジションを選びましょう。

 

 

1ラリーの中でも陣形を変えて戦うということも戦略もあります。

 

 

ダブルス体制の基本形

ソフトテニスのダブルスは、ペアーの2人で助け合いながら、ポイントを取れる陣形を作りましょう。

 

 

雁行陣(がんこうじん)

ソフトテニス 雁行陣

 

ストロークを得意とする後衛とネットプレーが得意な前衛がそれぞれのポジションを守ってプレイをする体制。打球者の打点によって変わるため、その都度、前衛のポジションの動き方が変わります。

 

 

ポジションを間違えると相手の打てるコースが広がってしまい、後衛が攻められやすくなってしまいます。一球事にポジションを正確に素早くとれるようにしなければなりません。

 

 

前衛のポジションは、打球者の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線上に立つのが一般的です。そして、自分のチームの後衛とコートの半分ずつを守るようにします。

 

 

前衛は、ネット前に立つので、ネットプレーが得意な方がなると思います。

 

 

ダブル前衛

プレーヤ2人ともが中間ポジションか、さらにネット近くにポジションをとるようにします。

 

 

相手チームに近い場所から返球する陣形です。相手チームからの甘い球が来たら、前衛がノーバウンドで強く叩いて、得点につながるようにしましょう。

 

 

ノーバウンドで返すネットプレーが多いので、非常に攻撃力の強い攻めが出来ます。
ソフトテニス ダブル前衛

 

ダブル後衛

2人ともがストロークを得意とするプレーヤーでお互いがベースライン付近でプレーをします。2人とも後ろ側にいるので、相手の攻撃を返球しやすくどの陣形よりも守備が強くなります。強めの球が打てないので、ポイントにつなげにくく、相手のミスで点を取るようになります