ソフトテニス 指導案 中学生

中学生ソフトテニス初心者が急速に上達する指導方法

ソフトテニス,指導案,中学生,上達,練習

 

テニスを教える側の心得は、「また、明日もソフトテニスがしたい。」と思う心を持たせられ事が出来るか。指導する側は、そのような環境や雰囲気作りを心掛けながら、生徒のテニスを育てて行きたいと思いませんか?

 

潜在能力が発揮できないから試合に勝てないのでしょうか?試合に勝てないから潜在能力を発揮できないのでしょうか?

 

 

あなたは、自分の潜在能力の20%も発揮できていないのではないでしょうじか?発揮できていない事こそがもしかしたら試合に勝てない原因なのではないでしょうか?

 

そして、結果、試合に勝てない。自分は、ソフトテニスが下手な選手だ、と自分自身が思い込ませて負のスパイラルが出来上がっていっているのではないでしょうか?

 

 

ソフトテニスが上達する3つの秘訣とは

 

ソフトテニス,指導案,中学生,上達,練習

 

 

中校生のためのソフトテニス指導案を徹底研究

 

ソフトテニスの指導案

 

 

一週間で中学生がソフトテニスのトレーニングが出来る時間といえば、限られると思います。その貴重な短い時間を使って、いかに効率の良い練習で上達することができるのか、その責任は、指導者にあると言えます。

 

 

指導案の内容にかなりの時間をかけなければなりません。そして、間違った指導をしていないかよく見極めて、中学生のうちからソフトテニス能力を磨いてあげなければいけません。

 

 

中学生からソフトテニスを始める人も多いと思います。高校生になる前の中学生のうちに覚える方が、教わったことをすぐに覚えることが出来て、その覚えたことは、一生ものになると思います。

 

 

そして、トレーニングを習慣化させることがとても大切なのです。習慣化する事で、コートで自然に動くからだとけがに強いからだを作ることができるのです。

 

 

教え子にけがをさせてしまっては、指導者として失格だと思います。小さい頃からしなやかなスウィングを身に着けていればけがは、しにくくなります。コーチは、ソフトテニスの指導初心者だとしてもけがをしない体つくりをしてあげましょう。

 

 

日本の中学生テニス選手は、世界の中でも強いとされています。ですが、中学生の頃は、全然目立たなった選手が急に高校生で伸びる、社会人になってから伸びるという場合もあります。

 

 

指導者は、教えている選手のどこにピークをもっていくかを考える事も大切な使命だと思います。

 

 

ジュニア選手になると勝ち負けにこだわってきます。しかし、理想は、まだ中学生だという事もあり、勝ち負けよりも目標を持たせた試合経験が大切になってきます。

 

 

目先の試合に勝つためのアドバイスよりもその子の将来のことも頭に入れたアドバイスをしましょう。体が大きくなってくると、出来なかったプレーヤ今まで入らなかったボールのコントロールが出来る時、体とソフトテニスがジャストフィットする時が必ずきます。

 

 

いろいろあるスポーツ種目の中から、この「ソフトテニス」という種目を選んでやっている子供たちにたいして、ソフトテニスの楽しさ、素晴らしさを伝えられる指導案を考えていきましょう。

 

 

指導初心者であってもその子のソフトテニスにおいての最大限の能力をいかに引き出せるかをイメージさせて指導していきましょう。

 

 

ソフトテニス初心者は、特に、簡単なことから取り組むことから始めて、成功の喜びを数多く体験させてあげます。そして、ソフトテニスが大好きで楽しいスポーツだと思えるように導いてあげる事が大切です。