ソフトテニス スマッシュ 上達 練習

ソフトテニス初心者がスマッシュを上達させるために、まずすることは?

コート

 

ソフトテニス初心者は、まず初めに、スマッシュの打点を意識しましょう。頭上の高い打点からラケットを振り下ろし、パワーのある速いボールを打ち込む事を「スマッシュ」と言います。

 

 

上から下へラケットを振り下ろす破壊力抜群のショットで相手選手を攻撃するのに効果的です。ボールの落下点まで素早く移動していき、体より前の一番高い打点インパクトすることが、スマッシュをミスなく打つためのコツです。

 

 

ポイントとしては、ボールの打点が低くなるとスイングができなくなります。ラケットを振り遅れるとボールが高く上がってしまい、アウトなどのミスにつながります。

 

 

 

常に高い位置での打点を心掛けてくださいね。


 

 

スマッシュのフットワークを練習すれば簡単に上達できる

 

 

スマッシュをミスなく打たなければ打点につながりません。ミスなく打つには、どうしたらいいでしょうか?

 

 

秘訣としては、ボールの落下点までの素早い移動です。

 

 

素早いフットワークで、高い打点が取りやすくなります。後ろの落下点に移動する時、顔は、正面を向いたままで体は、ネットに対して、90度に向け、クロスステップを使う事です。

 

 

 

ソフトテニス,スマッシュ,上達,練習

体の前片足ずつ交差させて、移動します。落下点に入るためのフットワークを重点的に練習してみましょう。

前進スマッシュ

 

 

 

クロスステップが出来るようになると体が上下に動かず、バランスよく、早く後ろに下がる事が出来るようになります。

 

 

ソフトボール初心者は、特に、一番高い打点で打てるように、落下点を予測して、素早く移動ができるように練習をしましょう。

 

 

回り込みのスマッシュで差をつけよう

 

トップ選手でもバックハンドでスマッシュを打つ事は、ほとんどないのです。

 

 

バック側に打たれたボールをスマッシュしたい時は、フォア側に回り込んで打ちます。

 

 

最初は、バック側に体を向けてボールを追いかけていきますが、下がる途中に反転させて、フォア側に回りこむことで、力強いスマッシュが打てるのです。

 

 

スマッシュを打ち分けする3つの小技とは

 

引っ張り方向に打ちたい場合は、打点を前にとりましょう。

 

 

流し方向に打ちたい場合は、打点をやや後ろ気味にとりましょう。

 

 

打った方向に胸が向くようにスイングしましょう。

 

 

回り込みのスマッシュは、どんな時に使っていますか?

 

バック側に山なりのボールが飛んできた時

 

 

相手が打ちそこなった山なりで短いボールがバック側に飛んで来た時

 

 

前進スマッシュのコツと戦略

 

前進スマッシュ

 

前進スマッシュとは、実践中に相手選手が浅く山なりのボールを打ったら、ワンバウンドさせることなく、前進し、ノーバウンドで強い球を打ち返すことを言います。

 

 

前進して、軸足を決め、しっかりと左足を踏み込んでラケットを振りましょう。

 

 

ノーバウンドで打つショットは、ワンバウンドさせて打つショットよりも返球時間が短くなり、相手が次の準備をしている間に打ち返せるため、相手のミスを誘うことが出来ます。

 

 

前進スマッシュのコツ

 

ボールの落下を待ちきれず、前かがみになったりして、速く売ってしまうとネットなどのミスにつながるので気を付けましょう。

 

 

ボールが落下してくるタイミングに合わせて、軸足を前に出し、ためを作ります。

 

 

自分の体の近くボールが落ちてくるまで待って、ボールを引き付けた状態の時に思いっきりスイングしましょう。この時、軸足を作る事も大切です。

 

 

wスマッシュ練習のまとめ

スマッシュなどのネットプレーは、ボールを取りに行くタイミングをつかむことと、連続するプレーが出来るようにすることが大切になってきます。相手の球を見極めて、ノーバウンドで打つネットプレーの技術を身に着けていきましょう!